PR

 信越化学工業は2008年9月3日,福島県・西郷村に新たな43.7万m2事業用地を新たに取得したと発表した。取得した土地は信越化学の100%子会社である信越半導体・白河工場の近隣地で,信越半導体は福島県および西郷村との間で工場立地に関する基本協定書を同日に締結した。

 信越半導体は1984年に西郷村で白河工場の操業を開始し,半導体シリコンウエハーを生産している。今後はシリコンウエハーをはじめ各事業を拡大するに当たり,新たな事業用地を求めていた。今回取得した土地は,半導体関連工場で必要な,水質の優れた工業用水を十分に確保できるなどに加え,首都圏へのアクセスにも優れている。信越グループ全体の事業用地として活用する予定だ。