PR

 旭化成エレクトロニクスは,20M~600MHzの周波数を出力できるΔΣ変調型フラクショナルN型(分数分周型)周波数シンセサイザIC「AK1541」を開発した。外付けのループ・フィルタとVCO(voltage controlled oscillator)を組み合わせることで,PLL(phase locked loop)回路を実現できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料