PR

 三井造船は,マレーシアのタンジュン・プルパス港から省燃費型の港湾ヤード用コンテナクレーン「ハイブリッド・トランステーナ」11基を受注した。省燃費機能を搭載したヤード用コンテナクレーンは,燃料価格の高騰や環境規制の強化で採用が増えている。同社の省燃費型は,2007年に東京港と名古屋港に納入した実績があり,2008年は博多港への納入を予定している。マレーシアを含む海外向けは今回が初受注に当たる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料