PR

ADSLやFTTHに比肩する超高速の移動体通信方式が,実用に近づいている。今月にも米国でサービスが始まる「モバイルWiMAX」や,2010年ごろに導入が始まる「LTE(long term evolution)」などである。システム構成によっては,現行の10倍以上の最大数十Mビット/秒~100Mビット/秒を実現する可能性がある。これらの技術に対する意見を,日米のキーパーソンに聞いた。これらの技術が機器や市場にもたらすインパクトは,『日経エレクトロニクス』,2008年9月8日号の特集「ケータイが迎える種の爆発--多彩な進化を導くLTE」をご覧下さい。

この号の特集PDFをダウンロード