PR
サーマル・プリント用ヘッド 「SH3002-DC80A」
サーマル・プリント用ヘッド 「SH3002-DC80A」
[画像のクリックで拡大表示]

 ロームは,印字速度1300mm/秒に対応するサーマル・プリント用ヘッド 「SH3002-DC80A」を開発した(発表資料)。同社独自の薄膜構造である「ステップフリー構造」に加え,発熱体部や蓄熱層であるグレーズ形状の専用化,熱履歴を高速で行うドライバICを採用することにより,高速でも安定した高画質が得られるとする。解像度は300dpi,印刷幅は54.2mm(2インチ)。感熱・熱転写の両印字方式に対応する。高速処理と耐久性を要求する製造ラインに組み込むようなラベル・パッケージングプリンタなどに向ける。

 一般的に,高速仕様のサーマル・プリント用ヘッドは,大口径プラテンへの対応や熱時剥離リボンを必要とするため,発熱体をグレーズ傾斜部に形成するニアエッジ構造が有利になるという。ところが,高速仕様に有利な薄いグレーズを使用した場合,発熱抵抗体と電極部に段差が生じることで記録メディアとの接触効率が落ち,鮮明な印字ができなかった。そこで今回,電極部に段差がないステップフリー構造を採用して有効印字角度を広く保つことで,ニアエッジ構造での高速で高画質な印字を可能としたという。

 内蔵するドライバICは,過去の印字状態を監視し,現在印字するドットのエネルギーをコントロールする熱履歴制御機能と,次の印字状態を監視し,ドットを事前に加熱することで書き始めから高印字品位を確保するプリヒート機能を備える。この制御方式は従来の熱履歴制御方式と異なり,ストローブ信号の組合せで各々のドットエネルギーを決定するため,内部遅延を起こすことなく高速なデータ処理ができる。電源電圧は,回路部が+4.75~5.25V,印字部が+24V。寿命印字は500km。対応するプラテン径は最大50mmである。

 加えて,ローム独自の技術で印字ヘッドと記録メディアとの摩擦係数を低減した。このため摩耗や静電気に対する耐久性が高まったとする。

 サンプル価格は3万円。2008年9月にサンプル出荷を開始し,2009年1月に月産5000個の規模で量産を開始する。