PR

日産自動車は,SiCダイオードを採用した自動車向けインバータを開発した。「世界初」(同社)だという。同社はこのインバータを同社の燃料電池車「X-TRAIL FCV」に搭載し,走行実験を開始した。ダイオードを従来のSi製からSiC製へと変更することで,将来的にはインバータの小型軽量化と信頼性向上につながるという。電動車両において,インバータの大きさがレイアウト上の制約になっていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料