PR

 米Microsoftは米国時間2008年9月8日,同社の携帯型音楽プレーヤ「Zune」の新機能とラインアップの拡充を発表した。9月16日より,内蔵のFMラジオで聴いた楽曲を,無線を介して購入できる「Buy from FM」機能などを提供する。また,ハードディスク容量が16Gバイトと20Gバイトのモデルも追加する。

 Buy from FMでは,FMラジオで再生中の曲名などの情報を配信する「RDS(Radio Data System)」とRT+データ・フィードを利用する。ユーザーはFMラジオで聴いた楽曲にタグをつけ,無線を介してダウンロード購入できる。Wi-Fiアクセスできない場所にいる場合,タグをつけた曲はキューに追加され,次にパソコンに接続したり,無線アクセスした際に購入することができる。

 同社はまたZuneソフトウエアにおいて,ユーザーの好みの楽曲を推薦する「Picks」機能を提供する。Picksは,ユーザーがオンライン・コンテンツ・ストア「Zune Marketplace」にアクセスすると,これまでに聴いた音楽の履歴を基に,興味のありそうなアーティストやアルバム,楽曲などを推薦するというもの。

 ビルボードTop100や各ジャンルのトップチャート,運動をしながら聴く曲など,さまざまなテーマのもとに楽曲を集めた「Channel」も用意する。定額サービス「Zune Pass」の会員は無料で利用でき,それ以外のユーザーはチャンネルごとの購入が可能。

 また9月16日より,現行の4Gバイト(129.99ドル),8Gバイト(149.99ドル),80Gバイト(229.99ドル)モデルのほかに,16Gバイト(199.00ドル)モデルと120Gバイト(249.99ドル)モデルを発売する。なお4Gバイトと80Gバイトの両モデルは,在庫がなくなり次第,販売を中止するという。

[発表資料へ]