PR
壇上で説明するSteve Jobs氏(写真撮影:鈴木淳也)
壇上で説明するSteve Jobs氏(写真撮影:鈴木淳也)
[画像のクリックで拡大表示]
NBC Universal社のテレビ番組コンテンツが戻ることを,嬉しそうに報告するJobs氏(写真撮影:鈴木淳也)
NBC Universal社のテレビ番組コンテンツが戻ることを,嬉しそうに報告するJobs氏(写真撮影:鈴木淳也)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Apple Inc.の新iPod製品群の発表会(Tech-On!関連記事)で,同社CEOであるSteve Jobs氏は,同社従来製品で課題だった二つの点を改善したことを明らかにした。一つは,iPhone専用ソフトウエアに関する問題点を修正した新バージョン「iPhone 2.1 software」を,2008年9月12日に提供する方針であること。もう一つは,米大手メディア企業であるNBC Universal, Inc.が,同社のテレビ番組コンテンツを「iTunes store」で再度販売できるようになったことである(発表資料)。

 米国の報道などによれば,iPhone 3Gの発売以来(Tech-On!関連記事),3Gネットワークに接続できなかったり,たとえ接続してもすぐに途切れてしまったり,という問題点の報告が,ユーザーから多数寄せられているという。Apple社が今後公開予定のiPhone 2.1 softwareでは,「通話が途切れるなどの件数が減るほか,電池寿命も向上させられる」(Jobs氏)と主張している。このほか,iPhone上で動作するアプリケーション・ソフトウエアの不具合件数を減らせると見込んでいる。iPhoneのデータをiTunesソフトウエアにバックアップする際の作業時間を減らせるといった点でも,使い勝手を向上させたと指摘している。iPhone 2.1 softwareは無償で提供する。

 一方NBC Universal社の件は,2007年9月からiTunes storeで販売中止になっていた同社のテレビ番組コンテンツを,再び販売する方針を示したものだ(Tech-On!関連記事)。Jobs氏は,「NBC(Universal)社は,彼らの素晴らしいコンテンツを持って,iTunes storeに戻ってきた」と,嬉しそうに語った。これまでNBC Universal社が番組コンテンツの販売を中止していたのは,コンテンツの販売価格設定に関して,Apple社と折り合いがつかなかったため,との報道もあった。両者の間でコンテンツ販売価格に関してどのような合意がなされたかについては,明らかになっていない。Jobs氏は今回の記者発表会において,iTunes storeで扱うアカウント数が6500万を越えたことなどを明らかにしているが,そうしたiTunes storeの規模拡大が,NBC Universal社の方針転換に影響している可能性もある。