PR
図1◎新型「City」
図1◎新型「City」
[画像のクリックで拡大表示]
図2◎リアビュー
図2◎リアビュー
[画像のクリックで拡大表示]
図3◎インパネ
図3◎インパネ
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダは、タイの現地法人であるHonda Automobile Thailand(HATC)社が、小型セダン「City」を全面改良し、2008年9月10日にタイで発売したと発表した。新型Cityは、排気量1.5Lの「i-VTEC」エンジンを搭載し、5速自動変速機もしくは5速手動変速機を組み合わせる。ボディサイズは全長4395×全幅1695×全高1470mm。価格は52万4000~69万4000バーツ(約157万~208万円、1バーツ=3円換算)。新型Cityの現地調達率は、従来モデルの83%から93%まで上がった。Cityはアジアを中心に世界39カ国で販売されており、新型Cityも順次各国で販売する予定。さらに成長市場の需要に対応するため、販売する地域の拡大も考えているという。

 生産面では、ASEAN諸国やインド、中国などでの新型Cityの生産立ち上げを、HATC社が支援していく体制を新たに確立した。さらに、近隣諸国の生産拠点において、新機種立ち上げや生産品質の向上、部品の現地調達拡大に向けた生産・購買戦略の立案などの機能も日本からタイに移管する。HATC社は2008年10月に第2工場を稼働する予定で、生産能力を24万台まで拡大する。今後も輸出および海外生産拠点への技術支援をさらに拡大していく。