PR

 本田技術研究所とロームは共同で,電気自動車やハイブリッド車に向けた高出力パワー・モジュールを開発した。最大の特徴はSiCデバイスだけで構成したこと。世界初とする。主にロームがSiCデバイス技術を,本田技術研究所がパワー・モジュール技術を提供した(発表資料)。

 パワー・モジュールはコンバータとインバータで構成する。ロームのSiC製ショットキー・バリア・ダイオードと,MOSFETが採用されている。パワー・モジュールの耐圧は1200Vで,出力電流は230Aである。

 ロームは本田技術研究所だけでなく,日産自動車とも共同でSiCデバイスや,インバータを研究開発している。インバータに関しては,日産自動車がダイオードだけをSiC製に置き換えたインバータを発表したばかり(Tech-On!関連記事)。ここにきてSiCを使った自動車向け電源システムの研究開発が活発化している。SiCデバイスの利用で,電源システムの高効率化と小型化などにつながるためである。

【訂正】 記事掲載当初,「ロームとホンダとの共同開発」,としておりましたが,「ロームと本田技術研究所との共同開発」の誤りでした。該当する記事タイトルや本文箇所は既に修正済みです。

 

この記事を英語で読む