PR

 市場調査会社の米IDCは米国時間2008年9月10日,世界パソコン市場の展望を発表した。それによると,2008年のパソコン総出荷台数は前年比15.7%増の3億1100万台に達する見込み。同年6月に「前年比15.2%増」と予測していたが,今回0.5ポイント引き上げた。

 上方修正の理由としては,台湾ASUSTeK ComputerのEee PCに代表される超低価格ノートパソコン市場が急成長していることや,景気低迷にもかかわらず多くの地域で消費者需要が堅調なことなどを挙げている。

 出荷台数は2011年まで2桁の伸び率を維持する。2012年も9%以上の成長を遂げ,年間出荷台数は4億8200万台を突破する。今後数年間は,ローエンド・ノートパソコン市場の急速な拡大が,パソコン市場の成長を牽引するという。

 2008年第2四半期の出荷台数を地域別に見ると,日本を除くアジア太平洋地域(APeJ)は,前年同期から約14%増加したが,過去数年間の伸び率(約20%)に比べ鈍化している。一方,西欧では伸び率が2007年の12%から23%まで上昇し,これがAPeJの不調を相殺した。また,超低価格ノートパソコンの人気拡大により,西欧における消費者向けノートパソコンの出荷台数は前年同期から60%増加した。

表1 2007~2012年における地域別/タイプ別のパソコン出荷台数(単位:100万台)

地域 種別 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年
米国 デスクトップ/x86サーバー 37.0 35.533.7 32.6 31.129.6
ノートパソコン 30.0 35.341.1 47.5 54.161.1
合計 67.070.8 74.8 80.285.2 90.7
その他 デスクトップ/x86サーバー 124.1 127.7133.0 141.1 147.6154.7
ノートパソコン 78.0 112.8146.2 180.3 209.0237.2
合計 202.0240.5 279.2 321.3356.6 391.9
世界 デスクトップ/x86サーバー 161.1 163.2166.6 173.7 178.7184.3
ノートパソコン 108.0 148.2187.4 227.8 263.1298.3
合計 269.1311.4 354.0 401.5441.8 482.6
注)2008年以降は予測。パソコンに含まれるのはデスクトップ機,ノート機,超小型ノート機,x86サーバーなど。ハンドヘルド機は対象外     出典:IDC(2008年9月)

表2 2007~2012年における地域別/タイプ別パソコン出荷台数の増加率

地域 種別 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年
米国 デスクトップ/x86サーバー -2.8% -4.2%-5.0% -3.1% -4.7%-4.9%
ノートパソコン 23.6% 17.7%16.3% 15.6% 13.9%12.9%
合計 7.4%5.7% 5.6% 7.2%6.3% 6.4%
その他 デスクトップ/x86サーバー 7.7% 2.9%4.1% 6.1% 4.6%4.8%
ノートパソコン 38.5% 44.7%29.6% 23.3% 15.9%13.5%
合計 17.8%19.1% 16.1% 15.1%11.0% 9.9%
世界 デスクトップ/x86サーバー 5.1% 1.3%2.1% 4.2% 2.9%3.1%
ノートパソコン 34.0% 37.2%26.4% 21.6% 15.5%13.4%
合計 15.1%15.7% 13.7% 13.4%10.0% 9.2%
注)2008年以降は予測。パソコンに含まれるのはデスクトップ機,ノート機,超小型ノート機,x86サーバーなど。ハンドヘルド機は対象外     出典:IDC(2008年9月)

[発表資料へ]