PR
図◎改善個所説明図
図◎改善個所説明図
[画像のクリックで拡大表示]

 いすゞ自動車は、電気装置の不具合により、「エルフ」およびOEM供給している日産「アトラス」、日産ディーゼル「コンドル」、マツダ「タイタン」の4車種、合計19万9718台をリコールすると発表した。対象となるのは、1998年2月13日~2005年7月8日に製造した車両。

 不具合は、インストルメントパネルの内部にあるハーネスとワイパーリンクのすき間が不足しているものがあるため、ワイパー作動時にワイパーリンクがハーネスに接触する場合があるというもの。ハーネスが損傷し、最悪の場合、エアバッグが誤って展開したり、エンジンが停止する恐れがある。対策として、ハーネスとワイパーリンクのすき間を点検し、すき間が少ないものは固定具を装着し、すき間を確保する。ハーネスが損傷している場合は補修する。