PR

 ケンウッドと日本ビクターは,2008年10月1日に設立を予定している共同持株会社および両社それぞれの新経営体制を発表した(PDF形式の発表資料Tech-On!関連記事)。両社株式の持株会社となるJVC・ケンウッド・ホールディングスの代表取締役会長 兼 執行役員・最高経営責任者(CEO)に現・ケンウッド代表取締役会長の河原春郎氏が,JVC・ケンウッドの代表取締役社長 兼 執行役員・経営責任者には現・ビクター代表取締役社長の佐藤国彦氏が就任する。

 これに伴い,ビクターの10月人事では佐藤国彦氏が退任し,ILA・ディスプレイ事業担当の常務取締役である吉田秀俊氏が社長に昇格する。副社長には同じく常務取締役の中沢隆平氏が就任する予定。また,ケンウッドから河原春郎氏を代表取締役に迎える。一方,ケンウッドは塩畑一男氏が引き続き社長を務め,取締役にビクター現社長の佐藤氏を迎える。

この記事を英語で読む