PR

 住友生命保険は,二酸化炭素の排出量を削減するために,2008年度中に東京本社ビル内の照明器具をより省エネルギ効率の高いタイプに更新するとともに,人感センサによるオフィス内照明の自動消灯システムを導入する。同社の地球環境に対する具体的行動の指針「スミセイ環境方針」に基づいて,2008年度全社環境啓発「スミセイeco活動」の一環として実施するものだ。

 一般に,センサやタイマを用いた照明の自動消灯システムは,トイレや通路といったオフィスのバックヤードで利用される。住友生命は,東京本社ビルの全フロアの事務室/トイレにそれを導入し,大幅な二酸化炭素排出量の削減を目指す。

 なお,同本社ビルでは,新エネルギー・産業技術総合開発機構による補助事業を活用して,2007年度には「空調などビル設備のエネルギ制御の最適化を図るビル管理システム(BEMS)」を導入したり,「高効率な熱源設備(冷温水発生器)への更新」や「女性用トイレへの擬音装置の設置による水道使用量の削減」といった取り組みを実施したりしている。今後は実施予定の改修工事を含めて,2009年度末までに二酸化炭素の排出量を,2002~2004年度実績の平均値に対して約20%削減していく計画という。