PR
「E30HT」
「E30HT」
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIは,同社としては初のいわゆるスマートフォンとなる「E30HT」を2009年春に発売すると発表した(発表資料)。台湾HTC Corp.製で,法人向けに販売する。

 E30HTは,約2.8型のタッチ・スクリーンと5列のQWERTY型キーボードを搭載する。通信方式は,CDMA 1x EV-DO Rev.A方式に対応し,下り速度は最大3.1Mビット/秒,上り速度は最大1.8Mビット/秒。国際ローミング機能にも対応する。端末内でGPSの測位処理を実行することによって,パケット通信をせずに位置測位が可能な「StandaloneGPS」機能も持つ。

 ディスプレイの画素数は480×640(VGA)。カメラの有効画素数は約320万画素。インタフェースは,無線LANやBluetooth2.0 + EDR,miniUSBなどを備える。外形寸法は,52mm×106mm×17.85mm(暫定)。重さや連続通話時間,連続待ち受け時間,充電時間などは未定である。

 OSには,米Microsoft Corp.の「Windows Mobile 6.1 Professional」を採用。Microsoft社のアプリケーション「Outlook Mobile」や「Office Mobile」などを搭載する。これまでWindows Mobile Professional Editionでは利用できなかった10キー入力機能も備える。Microsoft社の端末管理ソフトウエア「Microsft System Center Mobile Device Manager 2008」と連携させて,セキュリティー機能を強化できる。KDDIの提供する「Business Port」と組み合わせることによって,E30HTからもパソコンからもアプリケーションを利用できるという。