PR
YieldManagerの実行画面例 Magmaのデータ。
YieldManagerの実行画面例 Magmaのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Magma Design Automation, Inc.は,太陽電池工場の歩留まり向上やコスト削減などを狙った,データ解析ツール(ソフトウェア)を開発したと発表した(日本語版ニュース・リリース)。

 今回のツールは,同社のICや半導体工場向けのデータ解析ツール「YieldManager」(Tech-On!関連記事1)を太陽電池工場向けに最適化したものという。YieldManagerはもともと米Knights Technology Inc.が開発したもので,2006年にMagmaがKnightsを米FEI Coから買い取ったことで,Magmaの製品になった(同2)。

 YieldManagerは,半導体工場の製造装置やテスト装置,計測機器などのデータを収集・解析して,歩留まり向上の阻害要因を見出すためなどに使う。今回,YieldManagerを太陽電池工場向けに最適化するにあたって,MagmaはインドPegasus Semiconductor-Solar社(ホームページ)の協力を得た。Pegasusは解析ツールへの要求仕様をMagmaに出したり,試作品のテストなどを行なっている。