PR
「EX-FH20」
「EX-FH20」
[画像のクリックで拡大表示]

 カシオ計算機は,40フレーム/秒の静止画の高速連写と,最大1000フレーム/秒の動画撮影が可能なデジタル・カメラ「EX-FH20」を2008年9月19日に発売する(発表資料)。同社が2008年3月に発売した超高速連写が可能な「EX-F1」(Tech-On!の関連記事)と比べて容積を27%,重さを28%減らした。突起部を除いた外形寸法は,幅122.6mm×高さ81.4mm×奥行き84.5mm。重さは約483g。

 カシオ計算機は,今回の製品をEX-F1とともに,デジタル・カメラの新シリーズ「HIGH SPEED EXILIM」として販売する。想定実売価格は8万円前後。発売当初の月産台数は5万台である。

 静止画では,3072×2304画素の画像を最大40フレーム/秒で連写できる。連写速度は,1~40フレーム/秒までの7段階から選べる。シャッターを押した時間からさかのぼって,40フレームまで撮影できる「パスト連写」機能も備える。

 動画では,1フレームが224×56画素の場合に1000フレーム/秒の撮影が可能。420フレーム/秒(224×168画素),210フレーム/秒(480×360画素)の動画も撮影できる。30フレーム/秒では,1280×720画素のHDTV映像も撮影可能。30フレーム/秒で撮影中に,ボタンを押すだけで210フレーム/秒のフレーム速度に切り替える機能も持つ。いずれもファイル形式はMotion JPEG。

 
 有効画素数は910万画素。撮像素子は1/2.3型のCMOSセンサで,画素ピッチは1.7μm前後とみられる。本センサを用いた光学式手ブレ補正機構を内蔵。光学20倍のズーム・レンズを搭載。35mm判換算で焦点距離約26mm~520mmの撮影までが可能。ディスプレイは,約960×240画素の3.0型TFT液晶パネルを搭載する。電源は,単3形アルカリ乾電池4本,または単3形の充電式ニッケル水素電池4本,ACアダプター。

【動画】「HIGH SPEED EXILIM」で撮影した映像をビデオでご覧いただけます(制作=BPtv)

この記事を英語で読む