PR
中川翔子さんの部屋をイメージしたステージで体験を披露
中川翔子さんの部屋をイメージしたステージで体験を披露
[画像のクリックで拡大表示]
ノートン製品のイメージ・キャラクターを務める
ノートン製品のイメージ・キャラクターを務める
[画像のクリックで拡大表示]

 シマンテックは2008年9月16日に記者会見を開催し,同社のイメージ・キャラクターにタレントの中川翔子さんを起用することを明らかにした。発表会では中川さんが実際にウイルスに感染した体験を披露。「パソコンは大好きなんですけど詳しくなくて。いろいろクリックしているうちに『トロイの木馬に感染しました』なんてメッセージが出てきて,もうどうしていいかわからなくなっちゃいました。『ノートン・インターネットセキュリティ』を買ってあったのを思い出して,インストールしたら,無事元に戻りました」と語った。

 シマンテックは9月10日に「ノートン・インターネットセキュリティ 2009」および「ノートン・アンチウイルス 2009」を発売したばかり。中川さんは,同製品のプロモーションのため,今後1年間イメージ・キャラクターを務める。ノートン・インターネットセキュリティ 2009は使用するシステム・リソースの軽減に注力し,メモリの使用量を7Mバイト未満に抑えたという。またクイック・スキャンの実行時間を33秒に抑えるなど,高速化にも配慮した。昨年版では1時間ごとだったパターン・ファイルの更新を,5~15分ごとに行うようにして高速化した。