PR
英Metismo社CEOのJohn Chasey氏
英Metismo社CEOのJohn Chasey氏
[画像のクリックで拡大表示]

 英Metismo Ltd.は細分化された携帯電話機のプラットフォームに対応する技術「Bedrock」を開発した。Bedrockは大きく二つの部分から成り立っている。まずJavaプログラムの実行環境の違いを吸収するため,各種携帯電話機の機能をパラメータ化しておき,その違いを実行時に反映させるライブラリを提供。さらにJavaで作成したプログラムを,C++またはFlashで記述したプログラムに変換するクロス・コンパイラを提供することで,Javaが動作しない端末向けのプログラムを実現する。

 基本的には,ソース・コードを一本化して複数の環境での動作を実現しようというもの。狙っていることは英Ideaworks3D Ltd.の「AirPlay」と同じだが,アプローチは対照的だ(Tech-On!関連記事)「コンテンツ事業者は,Javaを使ってプログラムを作成した経験は豊富にある。だが米Apple Inc.の『iPhone』のように,Javaが動作しないスマートフォンは少なからずある。ここにJavaの経験を生かせる。またiPhoneの場合,Objective-Cという独特のプログラミング言語を使う必要がある。コンテンツ事業者にとっては参入障壁となるが,Bedrockを使えばそれも解消できる」(CEOのJohn Chasey氏)。また「ClassFuse」と呼ぶ,クラスの継承関係を圧縮するツールを使うことにより,「比較的性能の低い端末でも軽快に動作ができるようになる」(Chasey氏)。

 既にBedrockを使ったゲームとして,英FinBlade Ltd.の「Tennis Slam」などがiPhone向けに作られているという。