PR
PowerShot SX1 IS。20倍光学ズーム・レンズを搭載した1000万画素機
PowerShot SX1 IS。20倍光学ズーム・レンズを搭載した1000万画素機
[画像のクリックで拡大表示]
PowerShot G10。クラシックなカメラの操作体系を取り込んだ1470万画素機。
PowerShot G10。クラシックなカメラの操作体系を取り込んだ1470万画素機。
[画像のクリックで拡大表示]
PowerShot SX1 ISはHDMI端子を備える
PowerShot SX1 ISはHDMI端子を備える
[画像のクリックで拡大表示]

 キヤノンは2008年9月17日,デジタル・カメラ「PowerShot」シリーズ3機種と小型のデジタル・カメラ「IXY DIGITAL」2機種を発表した。いずれも新たに開発した画像処理エンジン「DIGIC 4」を搭載する。主として人間の顔をとらえて,その動きに追随する技術を強化した。

 これらのうち「PowerShot SX1 IS」は,35mmフイルム・カメラ換算で28~560mm相当の光学20倍ズーム・レンズを同社としては初めて搭載した。1000万画素のCMOSセンサを搭載し,1920×1080画素で30フレーム/秒のHD動画を録画できる。秒間4コマの連射が可能で,2.8型の16対9のワイド画面に対応した液晶モニターを搭載している。同じく光学20倍ズーム・レンズを搭載しているが,HD動画記録機能を持たない「PowerShot SX10 IS」も発売した。

 「PowerShot G10」は,1470万画素のCCDを搭載し,35mmフイルム・カメラ換算で28~140mm相当のズーム・レンズを備える。露出補正やISO感度などをダイヤルで設定できるようにするなど,クラシックなカメラの操作体系を取り込んでいる点が特徴。デジタル一眼レフ・カメラと同じように,RAWデータの現像をしたり,デジタル一眼レフ・カメラ用のストロボを使用したりできる。

 「IXY DIGITAL 3000 IS」は1470万画素のCCDを搭載した,IXYシリーズ最上位機種。36~133mm相当の光学ズーム・レンズを備える。マニュアル・モードを利用でき,被写体に露出やピントを合わせ続けて撮影する「クイック撮影」機能を搭載した。「IXY DIGITAL 920 IS」は広角28mm相当から撮影できる4倍ズーム機。1000万画素のCCDを搭載している。

 価格はいずれもオープン。PowerShot SX1 ISが想定実売価格7万円で,2008年12月発売。PowerShot SX10 ISは想定実売価格5万5000円,2008年10月中旬発売。PowerShot G10は想定実売価格6万円前後,2008年10月下旬発売。IXY DIGITAL2機種はいずれも2008年9月20日に発売する。想定実売価格は3000 ISが4万5000円前後,920 ISが4万円前後。

この記事を英語で読む