PR

 韓国Seoul Semiconductor Co., Ltd.は,白色LEDを巡る日亜化学工業との訴訟について,日亜化学工業が保有する欧州特許「EP541373」には「非侵害である」とのコメントを発表した(発表資料)。この欧州特許について,日亜化学工業は2008年9月16日に英国にて起こした裁判において,Seoul Semiconductor社の白色LED「Acriche」が侵害すると主張している(Tech-On!関連記事)。

 Seoul Semiconductor社は,「Acricheは既にGertrude Neumark Rothschild氏や米University of California, Santa Barbaraから関連技術のライセンスを受けたものであり,日亜化学工業の特許との関連はない」と主張している。さらに,p型GaN系半導体膜を400℃以上で熱処理するという日亜化学工業の特許(EP541373)は,「類似した先行技術が存在するため日亜の特許には無効事由がある」(Seoul Semiconductor社)との考えだ。