PR

 藻類を使ったバイオ燃料の生産に取り組む米Sapphire Energyは米国時間2008年9月17日,同社がこれまでに調達した資金がシリーズBの投資ラウンドにより1億ドルを超えることを明らかにした。投資には,米Microsoftの共同創設者であるBill Gates氏が所有する投資会社の米Cascade Investmentのほか,米ARCH Venture Partnersや英Wellcome Trustなどが参加している。

 Sapphire Energyのグリーン原油(Green Crude)は,日光,二酸化炭素,藻類などの微生物を使って生産するもの。軽質スイート原油と同じように,ガソリン,ジェット燃料,ディーゼル燃料など,従来の燃料と化学的に同一な燃料を精製することができるという。同社は2008年5月に,再生可能な91オクタン価のガソリンを精製したと発表している。

 同社は調達した資金により,1日当たり1万バレルの燃料を量産できるように生産設備を拡大する。同社は先ごろニューメキシコ州に研究テスト施設を設立しており,今後3~5年以内に商業規模の生産に対応することを目指している。

発表資料へ