PR

 米国際貿易委員会(International Trade Commission:ITC)は,任天堂の据置型ゲーム機「Wii」などに関する特許侵害の疑いで,任天堂とその米国子会社Nintendo of America, Inc.への調査を開始すると発表した(発表資料)。調査対象となるのは,Wiiと付属リモコン。

 今回の調査は,米Hillcrest Laboratories, Inc.が2008年8月20日に,ITCに申し立てた訴えに基づくもの(Tech-On!の関連記事)。Hillcrest Laboratories社は,「Wiiとそれに関連する3次元ポインティング・デバイスが同社の保有する特許を侵害しており,これらの製品が米国に輸入されていることが,米関税法337条に違反する」と主張していた。Hillcrest Laboratories社は,ITCに対してこれらの製品を排除する命令などを求めている。