PR
図1 日産自動車とNTTドコモ,シャープが開発した「インテリジェントキー」機能搭載の携帯電話機の試作品
図1 日産自動車とNTTドコモ,シャープが開発した「インテリジェントキー」機能搭載の携帯電話機の試作品
[画像のクリックで拡大表示]

 日産自動車とNTTドコモ,シャープの3社は2008年9月24日,日産自動車の「インテリジェントキー」の機能を備えた携帯電話機「インテリジェントキー搭載ケータイ」を試作した(図1,日産自動車の発表資料)。今後,3社は2009年度の商品化に向けて開発を進めていくとする。インテリジェントキー機能は,無線通信によりドアの施錠や解錠,エンジンの始動や停止するもの。

 開発品に関して,NTTドコモが携帯電話機とインテリジェントキーの連携を想定した商品のシミュレーション,シャープが端末の開発,日産自動車がインテリジェントキー機能を携帯電話機に内蔵する技術支援と車両適合開発をそれぞれ担当した。

 なお,日産自動車,NTTドコモ,シャープの3社はそれぞれ,2008年9月30日~10月4日に幕張メッセで開催する「CEATEC JAPAN 2008」に開発品を出展する。