PR
実演の様子。入社して4年の若い社員の発案を基に開発したという。
実演の様子。入社して4年の若い社員の発案を基に開発したという。
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは,カメラが自動的に人の顔を検知・追尾し,構図(フレーミング)を調整した上でシャッターを切るデジタル・カメラを試作,「photokina」に出展した。シャッターは人の笑顔などを検出した時点で切る。フレーミングは,顔の向きや大きさなどから決める。フレーミングには光学ズームのほか,モータ制御の雲台(カメラを据えつける台)を用いることができる。

 今回の試作機における非常に大きな利点は,写真に収まる人がカメラを意識しないで済むこと。「実際に試作し使ってもらって,これまでのカメラがいかにこわばった顔ばかり撮ってしまっていたのかが分かった。今回の試作機なら,驚くほど自然な笑顔を撮れる」(ソニーの開発者)。実際,会場では来場者がソニーの説明員から話を聞く合間に浮かべた,にこやかな笑顔を,試作機が次々と撮影していた。

 商品化の時期や,今回の機能を実装するカメラの仕様は未定である。photokinaに出展したのはニーズを調査するためという。一般の消費者が使ったときの魅力は未知数だが,高いISO感度でもノイズの少ない撮像素子(シャッター速度を高めることで被写体ブレを抑制するため)や,ある程度の高い連写速度(撮影の好機を逃さないため),数Gバイトのフラッシュ・メモリ(画像の誤認識問題を緩和するため),そしてJPEGファイルを高速に再生できる装置(前記と同じ理由)などを組み合わせれば,ユーザーに新しい写真体験を提供できる可能性が高い。

 このほか,ソニー・ブースで目を引いた展示を写真で紹介する。

この記事を英語で読む

アフリカでの撮影旅行を仮想体験できるプレイステーション 3(PS3)用ソフトウエア「AFRIKA」を展示。ライノスタジオとソニー・コンピュータエンタテインメントがAFRIKAを制作した。
アフリカでの撮影旅行を仮想体験できるプレイステーション 3(PS3)用ソフトウエア「AFRIKA」を展示。ライノスタジオとソニー・コンピュータエンタテインメントがAFRIKAを制作した。
[画像のクリックで拡大表示]
PS3を使った写真閲覧。スムーズに拡大・縮小が行える。
PS3を使った写真閲覧。スムーズに拡大・縮小が行える。
[画像のクリックで拡大表示]
上記の操作風景。
上記の操作風景。
[画像のクリックで拡大表示]
DSC-T300などが搭載したばかりの「おまかせシーン認識」をアピール。本機能により,例えば,黒つぶれと呼ばれる過度に暗く見える部分を自動的に画像処理で補正できる。
DSC-T300などが搭載したばかりの「おまかせシーン認識」をアピール。本機能により,例えば,黒つぶれと呼ばれる過度に暗く見える部分を自動的に画像処理で補正できる。
[画像のクリックで拡大表示]
DSC-T500の分解展示。本機のほかに,ソニー・ブースでは少なくとも5機種の内部が公開されていた。
DSC-T500の分解展示。本機のほかに,ソニー・ブースでは少なくとも5機種の内部が公開されていた。
[画像のクリックで拡大表示]
上記を背面から撮影。
上記を背面から撮影。
[画像のクリックで拡大表示]
歴代のカメラを展示したコーナーでは,ミノルタ製品もしっかりと並べられていた。
歴代のカメラを展示したコーナーでは,ミノルタ製品もしっかりと並べられていた。
[画像のクリックで拡大表示]