PR

図1 試作した「イージータッチ リモコン」
図1 試作した「イージータッチ リモコン」 (画像のクリックで拡大)

 松下電器産業(10月1日からパナソニック)は,タッチ・センサを搭載するリモコンを使った,テレビ向けのGUIを開発し,「CEATEC JAPAN 2008」で参考出展した。ユーザーがリモコンを持つと,リモコンを模したGUIを画面上に表示する。ユーザーは,このGUIを見ながらリモコン上のタッチ・センサをなぞって操作する。指二つを使って画像の拡大・縮小するといった操作も行える。

 同社が試作したリモコンは,前面の上部,下部にそれぞれタッチ・センサを搭載する。センサ面の直下にはボタン機構が備えてある。ユーザーは,手元のリモコンのタッチ・センサを親指でなぞってカーソルを操作しながら,センサ面を親指で押してGUIのアイコンを選択できる。

図2 リモコンを握ると,画面上にリモコンを模したGUIと,指型のアイコンで示したカーソルを表示
図2 リモコンを握ると,画面上にリモコンを模したGUIと,指型のアイコンで示したカーソルを表示 (画像のクリックで拡大)

図3 メニュー・ボタンを押すと,テレビの各種機能を呼び出せる
図3 メニュー・ボタンを押すと,テレビの各種機能を呼び出せる (画像のクリックで拡大)

 リモコンの底面にもタッチ・センサを備えており,ユーザーがリモコンを握ると,センサが感知してテレビ上にボタン付きリモコンの画像が透過表示される。リモコンを持つ手が右手か左手かを判別でき,それに応じてアイコンの配置を最適化できる。

 リモコンを横にして持つすることで,両手の親指で操作することもできる。SDメモリーカードや家庭内ネットワークにある写真を閲覧する際には,二つの親指を使って写真を引き伸ばしたり,縮小したりできる。

図4 写真の選択画面では,両手の親指を使って写真を選択できる
図4 写真の選択画面では,両手の親指を使って写真を選択できる (画像のクリックで拡大)

図5 二本の指で写真をつまんで拡大・縮小できる
図5 二本の指で写真をつまんで拡大・縮小できる (画像のクリックで拡大)

 今回のデモでみせたGUIソフトウエアはパソコン上で動作させたもの。リモコンにはBluetooth通信機能があり,パソコンと接続しているという。

【動画】タッチ・センサ付きリモコンの模様をビデオでご覧いただけます(制作=BPtv)