PR

 台湾Leadtek Research Inc.は,東芝のマイクロプロセサ「SpursEngine」を搭載した画像処理ボード「WinFast PxVC1100」を開発し,2008年9月30日から開催中の「CEATEC JAPAN 2008」で展示した。128MバイトのXDR型メモリを搭載しており,PCI-Expressインタフェースでパソコンなどに接続する。価格は約3万円の予定という。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い