PR
デモの概観
デモの概観
[画像のクリックで拡大表示]


 東芝は,ノート・パソコンにマイクロプロセサ「SpursEngine」を接続して,SDTVの映像をHDTVに変換する「超解像技術」の実演を,2008年9月30日から開催中の「CEATEC JAPAN 2008」で実演した。ノート・パソコンのExpressCardのスロットを延長して,ノート・パソコンの外部にSpursEngine搭載ボードを接続した。


 実演では,H.264のSDTVの映像をネットワーク経由でノート・パソコンに読み込む。これをExpressCardのスロットを経由してボード上に送り,SpursEngineのハードウエア・エンコーダにより復号化し,SpursEngineのSPEで解像度を高める超解像の処理を施した。映像はノート・パソコンのHDMIインタフェースを介して出力した。

システムの構成
システムの構成
[画像のクリックで拡大表示]
ExpressCardのスロットを延長してノート・パソコンの外部にSpursEngine搭載のボードを接続した。
ExpressCardのスロットを延長してノート・パソコンの外部にSpursEngine搭載のボードを接続した。
[画像のクリックで拡大表示]
上段が超解像技術を施した映像,下段が一般的なバイリニア法による映像。
上段が超解像技術を施した映像,下段が一般的なバイリニア法による映像。
[画像のクリックで拡大表示]