PR
米Microsoft Corp. Corporate Vice President,Windows Consumer Product MarketingのBrad Brooks氏
米Microsoft Corp. Corporate Vice President,Windows Consumer Product MarketingのBrad Brooks氏
[画像のクリックで拡大表示]
マイクロソフト代表執行役副社長 コンシューマー&オンライン事業部担当の堂山昌司氏
マイクロソフト代表執行役副社長 コンシューマー&オンライン事業部担当の堂山昌司氏
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは2008年9月30日,「CEATEC JAPAN 2008」の会場で同社OS「Windows」の新ブランド・コンセプトを「Windows Life Without Walls」にすると発表した。

 「Windowsの体験を全世界の50億人のユーザーに届けたい。そのためのビジョンとして発表した。ソフトウエア+サービスを実現するうえで,パソコンだけではなく携帯電話機やテレビなどさまざまな選択肢を提供することが重要」(米Microsoft Corp. Corporate Vice President,Windows Consumer Product MarketingのBrad Brooks氏)。携帯電話機やパソコンなど,それぞれで異なっていた操作環境や利用環境の“カベ”をなくすというメッセージだ。

 具体的にはパソコンと携帯電話機,テレビなど,さまざまな機器を結びつける形で,サービスをさまざまなプラットフォームから利用できるようにする。対象とするのは主として個人ユーザーである。「Microsoft社はWindowsやOfficeといった製品から,法人向けのソフトウエア企業といった印象が強くなっている。だがMicrosoft社は元々,個人向けのソフトウエアを対象としてきた。原点に立ち返り,個人向けの事業を再構築する」(マイクロソフト代表執行役副社長 コンシューマー&オンライン事業部担当の堂山昌司氏)。

 その一環として,同日スカイパーフェクト・コミュニケーションズと共同で,インターネットを通じた動画配信サービス「スカパー!Netてれび」を発表した。Windows Vistaに搭載された「Windows Media Center」の機能を利用することにより,パソコンとインターネット利用環境があれば,スカイパーフェクトが提供するチャネルの受信ができるというもの。当面は「ナショナル ジオグラフィック チャネル」「Baby TV こどもえいごチャンネル」「囲碁・将棋チャンネル」「パチ・スロ サイトセブンTV」の4チャンネルで,2008年12月に「ディズニー・チャンネル」を追加する計画である。