東レ,CFRP高速成形技術を自動車用プラットフォームにも適用---発泡材を使ったサンドイッチ構造も可能に

 サンドイッチ構造にしたサイドシル部分。比重の小さいフォーム材を使うことで,炭素繊維使用量や質量増加を抑えつつ,断面積を稼げる。
サンドイッチ構造にしたサイドシル部分。比重の小さいフォーム材を使うことで,炭素繊維使用量や質量増加を抑えつつ,断面積を稼げる。

カーソルキー(←/→)でも操作できます