PR

 米Apple Inc.は,2008会計年度第4四半期(2008年7~9月)と通期(2007年10月~2008年9月)の決算を発表した(発表資料)。第4四半期の売上高は79億米ドルで,前年同期の62億2000万米ドルと比べ27%増加した。パソコン「Macintosh」の販売台数が過去最高を記録し,携帯電話機「iPhone」の出荷台数も急速に拡大した。

 粗利益率は34.7%で前年同期の33.6%から拡大した。米国外の売上高が,全売上高の41%を占めた。純利益は11億4000万米ドル(希薄化後の1株当たり利益は1.26米ドル)で,前年同期の9億400万米ドル(同1.01米ドル)から26%増加した。

 米メディアの報道(New York Times)によると,業界アナリストは1株当たり利益を1.11米ドルと予測していた。

 パソコン「Macintosh」シリーズの出荷台数は261万1000台で,前年同期比21%増。売上高も17%伸長した。内訳は,デスクトップ・パソコンが93万6000台で同15%増(売上高は14%増),ノート・パソコンが167万5000台で同24%増(売上高は18%増)だった。

 携帯型メディア・プレーヤ「iPod」の出荷台数は1105万2000台で,前年同期から8%増加した(売上高ベースでは3%増)。

 iPhoneの出荷台数は689万2000台で,前年同期の111万9000台から516%拡大した。iPhone関連製品とサービスを合わせた売上高は同583%増と急伸した。

 通期の売上高は324億8000万米ドルで,前年度の240億1000万米ドルと比べ35%増収。純利益は48億3000万米ドル(希薄化後の1株当たり利益は5.36米ドル)で,前年度の35億米ドル(同3.93米ドル)から大幅に増加した。

 なお,同社CFOのPeter Oppenheimer氏は今後について,「見通しは悪く,予測は難しい」として慎重な姿勢を見せている。2009会計年度第1四半期(2008年10~12月)の売上高を90億~100億米ドルの範囲,希薄化後1株当たり利益を1.06~1.35米ドルの範囲と,予測幅を広く設定した。