PR
図1 まず,初期登録のため携帯電話機で2次元バーコードを読み込む
図1 まず,初期登録のため携帯電話機で2次元バーコードを読み込む
[画像のクリックで拡大表示]
図2 携帯電話機のボタンでYahoo! JAPAN IDとパスワード,任意の利用コードを登録する
図2 携帯電話機のボタンでYahoo! JAPAN IDとパスワード,任意の利用コードを登録する
[画像のクリックで拡大表示]
図3 すると,AQOUSの画面に登録済みのユーザーが表示される
図3 すると,AQOUSの画面に登録済みのユーザーが表示される
[画像のクリックで拡大表示]
図4 あとはリモコンで利用コードを入力すれば,Yahoo!フォトアルバムが利用可能に
図4 あとはリモコンで利用コードを入力すれば,Yahoo!フォトアルバムが利用可能に
[画像のクリックで拡大表示]
図5 もう一つ,923SHの専用アプリを使い,IrSS通信で簡単にログインする方法もある
図5 もう一つ,923SHの専用アプリを使い,IrSS通信で簡単にログインする方法もある
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤフーは,シャープの液晶テレビ「AQUOS」でYahoo! JAPANの各種サービスを提供する「Yahoo! JAPAN for AQUOS」(Tech-On!関連記事)に,Yahoo! JAPAN IDを利用したログイン機能を追加した(ニュース・リリース)。携帯電話機を使い,簡単な操作でログインできるのが特徴である。

 これまで,個人認証を必要とするネット・サービスをテレビで利用するには,長文のIDおよびパスワードをリモコンで入力する必要があり,ユーザーには敷居が高かった。ログイン操作が容易になることで,テレビ向けに提供できるサービスの幅が大きく広がるほか,既存サービスについても個人向けにカスタマイズして提供できる。今回提供を始める個人向けサービスは「Yahoo! フォトアルバム」のみだが,今後はYahoo! オークションなど人気の個人向けサービスにも用途が広がりそうだ。

 今回ヤフーは,ログインのために二つの方法を用意した。一つは,携帯電話機で初期登録を行った後,テレビのリモコンでログイン操作を行う方法。まず,液晶テレビの初期登録画面に表示される2次元バーコードを携帯電話機に認識させ,携帯電話機を専用サイトに接続させる。そのサイトで,Yahoo! JAPAN IDおよびパスワード,および数字4~8桁の任意の利用コードを登録する。すると,サーバーを通じて液晶テレビにも自動的にユーザー登録が行われる。あとは,リモコンで登録ユーザーを選択し,利用コードを入力すればログインできる。2回目以降は,登録ユーザーの選択と利用コードの入力だけでログインが可能になる。1台のAQUOSに対して5人まで登録できる。さらに,1台の携帯電話機に対して最大5台のAQUOSを認証させることができる。

 もう一つの方法は,ソフトバンクの携帯電話機「923SH」のリモコン・アプリを使用する方法。Yahoo! JAPAN IDおよびパスワードをアプリに一度登録すれば,赤外線通信技術「IrSS」で認証情報をテレビに送信し,ログインできる。このリモコン・アプリはYahoo!ボタンを長押しすることで呼び出せるほか,AQUOSはテレビの視聴中でもIrSSの送受信を行えるので,ユーザーは2~3アクションのみの操作で容易に個人向けサービスを利用できる。

この記事を英語で読む