PR
心拍数のモニタシステム「Team2 heart-rate」
心拍数のモニタシステム「Team2 heart-rate」
[画像のクリックで拡大表示]

 英CSR plc.は,同時に28人のアスリートの心拍数をモニタする米Polar社のシステム「Team2 heart-rate」に,CSRのBluetooth 2.0+EDR対応チップセット「BlueCore4」が採用されたと発表した(発表資料)。このシステムは,フィンランドBluegiga Technologies Inc.のアクセス・サーバのプラットフォームを利用してPDAやノート・パソコンとデータ通信する。スポーツチームや大学に所属するアスリートの能力改善に適するとする。

 BluetoothモジュールにはBlueCore4や, Bluetooth接続用のファームウエア「iWRAP」から成るBluegiga社の「WT11-A Class1」を搭載する。電池駆動時間はBluetooth通信で30時間。通信距離は最大100mであり,水中でも30mの通信が可能である。データのアップロードや分析するためのPDAとPC向けのソフトウエアを用意する。

 このモニタシステムは,2008年11月末に出荷を開始するという。