PR
回収・交換の対象となるACアダプタ
回収・交換の対象となるACアダプタ
[画像のクリックで拡大表示]

 ウィルコムとパナソニック電工は,ウィルコム端末用家庭向けアンテナ「ウィルコムホームアンテナ[1x]」の専用ACアダプタで不具合が見つかったと発表した(発表資料)。2年程度利用すると,同ACアダプタのケーブルの根元が折れやすくなるという。ただし,ケーブルの根元が折れた場合でも,安全保護回路が作動するため,発煙や発火,感電,火傷などの可能性はないとする。2008年10月23日の時点で,不具合の発生を確認したのは8件。ウィルコムホームアンテナ[1x]はパナソニック電工が製造している。

 両社は,不具合の原因について,同ACアダプタのケーブルに採用した素材が,ACアダプタ内部の成分および湿気などの影響で経年劣化するためと説明する。

 ウィルコムは,同ACアダプタの回収,交換を行う。対象件数は約8万台。2006年4月~2008年10月に出荷された分が対象となる。ACアダプタの供給体制が整い次第,交換品のACアダプタを届けるとする。