PR
センチュリーの,パソコンのUSB 2.0ポートに接続してサブ・ディスプレイとして利用できる4.3型液晶ディスプレイ「PLUS ONE(LCD-4300U)」
センチュリーの,パソコンのUSB 2.0ポートに接続してサブ・ディスプレイとして利用できる4.3型液晶ディスプレイ「PLUS ONE(LCD-4300U)」
[画像のクリックで拡大表示]

 パソコン用周辺機器などを製造販売するセンチュリーは,パソコンのUSB 2.0ポートに接続してサブ・ディスプレイとして利用できる4.3型液晶ディスプレイ「PLUS ONE(LCD-4300U)」を発売した(製品概要)。解像度は800×480画素(WVGA)。電源はUSBポートからの給電を利用するため,ACアダプタが必要ない。税込み価格は1万9800円。

 表示階調は24ビット。輝度は200cd/m3である。視野角は上方向が45度,下方向と左右がいずれも65度。バックライトはLEDを利用した。国内メーカーの液晶パネルを用いて,国内で製造したという。消費電力は2.5W未満。外形寸法は127mm×77mm×17mm。重さは約130gである。3段階に角度が変えられるチルトスタンドを備えた。

 パソコンのBIOS画面などを表示するメイン・ディスプレイとしては利用できない。対応するOSは米Microsoft社のOS「Windows XP」32ビット版のSP2以降と「Windows Vista」32ビット版である。付属のドライバ・ソフトをインストールして利用する。

 販売元のセンチュリーは,PLUS ONEを利用できるパソコンとしてUSB 2.0ポートを備えたPC/AT互換機で,米Intel Corp.のチップセットを利用したパソコンを「強く推奨」(センチュリー)するとしている。動作周波数1GHzの「Pentium III」以上のマイクロプロセサと,1Gバイト以上のメモリを搭載しているパソコンが最低限必要。推奨利用環境はWindows XPでは動作周波数2GHzの「Pentium 4」以上,Windows Vistaでは「Core 2 Duo」以上のプロセサを搭載したパソコン。