PR

 トヨタ自動車は、中国の第一汽車集団との生産合弁会社である四川一汽トヨタ自動車(SFTM)が、吉林省長春市で新工場の建設を開始したと発表した。新工場への投資額は40億元(約560億円、1元=14円換算)で、生産能力は年間10万台となる。まず「カローラ」を生産する予定。そのほかの具体的な計画は、今後第一汽車集団などと検討していく。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)