PR
Windows Azureを発表するChief Software ArchitectのRay Ozzie氏
Windows Azureを発表するChief Software ArchitectのRay Ozzie氏
[画像のクリックで拡大表示]
Windows Azureの構成
Windows Azureの構成
[画像のクリックで拡大表示]
モデル・ベースの考え方を取り入れている
モデル・ベースの考え方を取り入れている
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoft Corp.は2008年10月27日,開発者向け会議「Professional Developers Conference 2008(PDC 2008)」でクラウド向けサービス「Windows Azure」を発表した。同社がこれまで培ってきたオンライン・サービス「MSN」や「Windows Update」などの経験を基に,対外的に公開できるサービスとしてまとめたもの。同日からCTP(コミュニティ向け技術プレビュー版)を公開する。

 「クライアント,サーバーに続く第3のプラットフォームとして提供する。クラウド・コンピューティング向けのOSとして開発した」(Chief Software ArchitectのRay Ozzie氏)。Windows Azure自体は基本レベルのプラットフォームとして実現し,Azureのサブサービスとして「.NET Service」「SQL Service」「Live Service」「Dynamic CRM Service」「SharePoint Service」を構成する。

 Windows Azureの最大の特徴は,.NET Frameworkなどの開発の経験を生かして,サービスを実装できること。基調講演ではWindows ServerでWebアプリケーションを記述する「ASP.NET」を使って作成したアプリケーションを,そのままWindows Azureにアップロードして,同じアプリケーションがそのまま動作することを示した。これにより,「Visual Studio 2008」など,既存の.NET Framework向けの開発ツールをそのまま活用できる。

 またもう一つの特徴は,モデル・ベース開発の考え方を取り入れていること。サービスを定義するに当たり,「役割(role)」と「グループ(group)」などで内容を定義し,入出力やインタフェースをモデルで定義することによって,サービスを管理するというもの。これはVisual Studioの最新版に導入予定のモデル・ベース開発の機能を利用する。

 ただ全般的に見て,米Google Inc.が提供する「Google AppEngine」のようなクラウド・コンピューティング向けサービスと比べると,総花的で複雑な印象を受ける。.NET Frameworkとの互換性は特定のユーザーにとっては便利ではあるものの,逆に複雑で難しい印象をもたらす危険性もある。Microsoft社としては,既存のサービスと差異化を図る意味でもこのような構成にする必要があったのだろうが,現状のクラウド・コンピューティング向けサービスの利用者にとってはあまり魅力がない可能性もある。