PR

 米Rambus Inc.は,2008年第3四半期(7~9月)の決算を発表した(発表資料)。売上高は対前年同期比29.5%減の2943万米ドルと大幅に減少した。営業損益と純損益は,ともに前年同期と比べて赤字幅を拡大した。営業損失は3056万米ドルで,赤字額が前年同期より1410万米ドル増え,純損失は2794万米ドルと,赤字額が前年同期より2145万米ドル増加した。第3四半期の訴訟費用は1570万米ドル程度で,前年同期より400万米ドル,直前期より660万米ドル増加したという。

 同社のpresident兼chief executive officerであるHarold Hughes氏は,「米連邦取引委員会(Federal Trade Commission)が当社の特許ロイヤリティに課していた制限を解除したことや,リストラなどによるコスト削減によって,我々は戦略的な目標を達成する自信がある」 とコメントを寄せた。