PR

 米Intelの投資部門である米Intel Capitalは中国で現地時間2008年10月28日,中国企業のTrony Solar Holdings,NP Holdings(NPH),Viewhighの3社に対して出資すると発表した。このうち,TronyとNPHはクリーン・テクノロジ(環境保全技術)を手がける企業で,Intel Capitalが中国のクリーン・テクノロジ企業に出資するのは今回が初めて。

 Tronyはフィルム太陽電池の開発企業で,Intel Capitalは同社に2000万ドルを出資する。今回の出資を受け,Tronyは生産能力を強化するほか,顧客基盤の拡大や研究開発部門の拡充に取り組む予定。

 一方のNPHは,再生可能エネルギやエネルギ効率向上のための大規模エネルギ貯蔵システムのメーカー。またViewhighは,ヘルスケア業界向けソフトウエア製品およびサービスの提供を手がけている。両社への出資額は公表されていない。

 Intel Capitalは2008年4月,中国に2つ目のベンチャ・キャピタル基金となる「Intel Capital China Technology Fund II」を設立した。この基金の規模は5億ドル。中国企業のテクノロジおよび国際競争力の向上,革新性と企業家精神の促進などを支援する(関連記事)。

発表資料