PR
Googleマップのルート案内機能
Googleマップのルート案内機能
[画像のクリックで拡大表示]
カーナビに位置情報を送信する画面
カーナビに位置情報を送信する画面
[画像のクリックで拡大表示]
カーナビでGoogleマップの情報を受け取って目的地に設定しているところ
カーナビでGoogleマップの情報を受け取って目的地に設定しているところ
[画像のクリックで拡大表示]

 米Google Inc.の日本法人であるグーグルは2008年10月29日,同社のWebサイトで提供している地図サービス「Googleマップ」に二つのサービスを新たに追加したと発表した。スタート地点と目的地を入力することで車の運転ルートを検索できる「ルート案内」と,Googleマップで検索した位置情報をカーナビに送信できる「カーナビ連携」である。カーナビ連携は,日産自動車が提供しているテレマティクス・サービス「カーウイングス」に対応したカーナビで利用できる。

 ルート案内は,米国などでは数年前から提供されていた機能である。Googleマップで「ルート・乗換案内」を選択し,スタート地点と目的地を入力,ドロップダウン・メニューで「車で行く」を選択して検索することで,道順と地図上の運転ルートが表示される。グーグル プロダクト マネージャーの河合敬一氏は「稚内から石垣島までといった長距離のルート検索は,通常のカーナビでは時間がかかるが,Googleマップではすぐに表示される」とカーナビに対する優位性を語る。

 道順に表示された交差点などの写真をストリートビューで確認できる。地図上のルートをドラッグして途中のルートを変更したり,途中で通過する地点を追加したりすることもできる。現在は渋滞情報や通行料金の情報には対応していないが,将来的には検討したいとしている。

 3次元の地図を俯瞰できるソフトウエア「Google Earth」でも,同様のルート案内機能を利用できるようになった。また,ソフトバンクモバイルの携帯電話機「iPhone 3G」の内蔵アプリケーション「マップ」でも,Googleマップによるルート案内機能を使えるようになった。iPhoneのマップには最初から「経路」というボタンが用意されていたが,Googleマップのサーバー側が対応していなかったため,従来はこの機能を利用できなかった。

 カーナビ連携も,既に米国やドイツで提供されている機能である。日本では日産が,ユーザーに割り当てたメール・アドレスを使って,Googleマップからのデータ送信を独自に実現していた。今回のサービスは,日産が以前から提供しているサービスをGoogleマップの「カーナビ」という項目で利用できるようにしたもの。カーナビに情報を送りたい地点を指定して「送信」というリンクをクリック,表示されたダイアログ・ボックスで「カーナビ」を選択することで,その地点の位置情報をカーナビに送信できる。