PR

 米Cirrus Logic,Inc.は,オーディオ用途やエネルギー用途に向けたアナログICおよびミックスド・シグナルICの事業戦略を都内で説明した。今後のビジョンとして「オーディオとエネルギー向け信号処理ICの最善の選択肢を提供すること」を掲げ,主に高品質の製品に注力して開発を行うとした。このうち,オーディオ向けIC事業について,同社は携帯型メディア・プレーヤーや携帯型ナビゲーション機器において市場シェアを伸ばしてきたが,今後は携帯型ゲーム機やスマートフォンなどに用途を広げ,シェア拡大を狙うとする。その一環として,携帯型オーディオ向けH級アンプを搭載したコーデックIC「CS42L55や,既発表の車載オーディオ向け32ビットDSP「CS47048などを説明した。このほか,エネルギー分野向けに,DCモーター駆動用のPWM(パルス幅変調)IC「SA306-IHZ」「SA57-IHZ」を投入する方針を示した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)