PR

 NECエレクトロニクスは,大型液晶テレビ向けのインタフェース技術「Advanced PPmL(Point to Point mini-LVDS)」を開発した。液晶テレビに映像信号を遅延なく送るタイミング・コントローラICと液晶ドライバICを接続するインタフェース技術である。映像データとクロック信号を分離するためのクロック・データ・リカバリ(clock data recovery)回路をインタフェースに組み込む「クロックエンベデッド技術」を採用したという。従来のPPmL方式では,映像データとクロック信号は別々の配線で伝送されていたが,新技術ではこれらを1本の配線で伝送できるため,配線数を1/2以下に削減できるとした。この結果,より薄型のプリント基板にドライバICを実装できるほか,映像データとクロック信号の入出力タイミングの同期を容易に図れるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)