PR

 セスクワ(本社東京)は3次元CAM「WorkNC 3X(スリーエックス)」を2008年内にも発売する。2軸加工と3軸加工に機能を絞るなどして,230万円とWorkNCの通常版よりも価格を抑えた。3次元CAMを使いたいが,5軸加工までは必要ない,といったユーザーの需要があると見ている。

 WorkNC通常版の「シングルライセンス」には固定5軸(5軸中2軸固定)でのカッタパス計算機能と,バッチモードでの計算機能があるが,3Xにはこれがない。また同時5軸加工のカッタパス計算機能など通常版ではオプションで利用可能なものは,3Xでは使えない。しかしシングルライセンスでは同時に開けるウインドウの数が1枚なのに対して,3Xは2枚開くことができる。DWG,DXF,IGES,STEP,Parasolid,SolidWorks,Pro/ENGINEERのデータ読み込み機能は3Xにも含めた。

 2軸加工,2.5軸加工,3軸の粗加工と仕上げ加工の機能は,通常版と同じ。