PR
デジタル・カメラの国内出荷台数の推移(2007年9月〜2008年9月)
デジタル・カメラの国内出荷台数の推移(2007年9月〜2008年9月)
[画像のクリックで拡大表示]

カメラ映像機器工業会(CIPA)の統計によれば,2008年9月のデジタル・カメラの国内出荷台数は前年同期比28.5%増の133万2800台だった。デジタル・カメラの国内市場は成長が鈍化しており,出荷台数の伸びが2ケタに乗るのは10カ月ぶり。出荷金額も前年同期比17.2%増の315億500万円と,4カ月ぶりに前年実績を上回った。

 コンパクト機の出荷台数は前年同期比27.1%増の118万3300台,出荷金額は同9.7%増の230億4700万円だった。一眼レフ機は同40.8%増の14万9500台,同44.4%増の84億5900万円となっている。