PR
図◎「A4L」
図◎「A4L」
[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツAudi社は、中国に新型「A4」のホイールベースを伸ばした「A4L」を投入すると発表した。A4と比べてホイールベースを60mm長くし、後席の足元空間を広げた。A4Lは、最高出力が132kW(180hp)の排気量2.0L・TFSIエンジンと、195kW(265hp)の3.2L・V6エンジンの2種類を設定する。長春工場で生産し、中国のみで販売する。発売は2009年1月から。

 同社は、中国市場においてA4より大型の「A6」でもホイールベースを伸ばした「A6L」を2000年から投入している。後席の居住性や乗降性を向上するロングホイールベース車は、主に運転手付きの高級車として位置づけられる。A4Lは、中国のBセグメントの上級車として初めてのロングホイールベース車になるという。