PR

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)で次世代プレイステーションの開発を手がけた岡本伸一氏(同社執行役員兼開発研究本部本部長)は,発表に先駆けて,1999年9月8日に幕張メッセで開かれた「World PC Expo」で講演し,次世代機にはせる思いを語った。

 その講演で岡本氏は,「RDE(リアルタイム・ディジタル・エンタテインメント)」という言葉を初めて使った。RDEは,SCEおよびソニー本社の技術者の間で「はやり」となりつつあるキーワードという。RDEは,映画や音楽を超える娯楽産業の名前だ。SCEが描くストーリはこうだ。いまやネットワークを抜きに,家庭のあり方を議論できなくなった。音楽や映画がネットワークで配信される時代がすぐそこまで来ている。ディジタル化されて配信されるコンテンツを,同社は「ディジタル・エンタテインメント」と呼ぶ。ただこれだけでは,既存のコンテンツがディジタル化されたのに過ぎない。流通が変わっただけで,消費者の楽しみ方には変化がない。ここに変革をもたらすのが,ゲーム機のもつインタラクティブ性だとみる。次世代プレイステーションのもつ生成・合成機能(つまりEmotion Synthesis)がディジタル・エンタテインメントに加わると,そこでRDEという新しい娯楽が誕生するというのだ。「映画産業が再生型の上映という発想から脱却するキッカケとなり得る」(岡本氏)とみる。

 ただし,一朝一夕にそこまでたどりつくわけではない。「Emotion Synthesisを駆使したゲーム・タイトルの登場が2000年,これと映画や音楽を組み合わせたRDEの誕生は2002年ころ」(岡本氏)と期待をかける。