PR

ホテルオークラ(本社:東京都港区)はホテル内の通信システムを一新,10月2日から稼動させる。858の全客室にハンズフリー対応のデジタル電話機を配置したほか,約500台のPHSを館内通信やイベント用に導入した。投資額は約4億円。

 新システムは,NEC製のPBX「APEX7600MMX」を中心に据える。客室に備えるすべてのデジタル電話機は,ホテル外からのアクセスも可能なボイスメール機能や,発信者番号表示機能などを備える。また約500台のPHSと約180基のPHSアンテナを導入し,ホテルにおけるイベント時の貸し出しや,ホテルスタッフ間の業務連絡,ホテル内での位置情報確認などに利用する。

このほか,電話オペレーター業務をパソコンの画面上で可能にするシステムなどを用意した。