PR

 薄膜・軽量・フレキシブルであるため,超小型の電子機器やロボット,マイクロセンサー,ICなどの動力源として向いている。さらに,リチウム・イオン2次電池とは異なり全固体型であるため,液漏れや爆発の問題がなく安全に使える。このような特徴を持つ薄膜リチウム2次電池の一貫量産技術をアルバックが開発,1日の記者会見で発表した。同社はこの技術について「セミコン・ジャパン2008」(12月3日~5日,幕張メッセ)で展示する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い