PR

 米Eye-Fi Inc.の無線LAN機能を搭載したSDメモリーカード「Eye-Fi Share カード」(Tech-On!関連記事1同2)に,はてななど3社のオンライン写真共有サービスやブログ・サービスが新たに対応した(発表資料のPDF)。

 Eye-Fi Share カードに対応したのは,はてなのオンライン写真共有サービス「はてなフォトライフ」や,paperboy&coのオンライン写真共有サービス「30days Album」,シックス・アパートのブログ・ソフトウエア「Movable Type」とブログ・サービス「TypePad」および同「Vox」である。

 Eye-Fi Share カードは,デジタル・カメラで撮影した写真を,カードが内蔵する無線LANで直接,パソコンやオンライン写真共有サービスなどに送信できる製品。Eye-Fi社の日本法人であるアイファイジャパンは2008年12月22日,「Eye-Fi Share カード」の日本国内に向けた出荷を始めた。同年12月3日から先行予約を受け付けていた。

 なお,既に米Yahoo! Inc.の写真共有サービス「Flickr」やニコンの写真共有サービス「my Picturetown」,米Facebook, Inc.のソーシャル・ネットワーク・サービス「Facebook」など7種類のサービスがEye-Fi Share カードに対応していた。今回の5種類を加えて計12種類となった。