PR

 日本ビクターは,最薄部の厚さが7mmと薄い32型の液晶ディスプレイを開発した(発表資料)。重さは5kgであり,同社の32型の従来品に比べて約1/2となった。テレビとして使用する場合,チューナー回路が別途必要となる。2009年にこの技術を用いた液晶ディスプレイを発売する予定である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料